LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

大抵のことはやらないというスタンス

投稿日:2021年1月19日 更新日:

関心は、「時間もかからないしとっととやってしまおう」と思ってやってしまうことの多くって意外と時間がかかったりするんじゃないかってこと。

そもそも

かかる時間の見積もり = それぞれの手順 × それぞれの手順にかかる時間

なのだとすれば、手順さえ減らせばその手順にかかる時間の見積もりを間違っていたとしても見積もりに差し障りはない。

結論としては、常日頃から

  1. やった方がいいけど本当はやる必要のないものを時間(もう少し一般化するとコスト)があまりかからなそうだからという理由で取り掛かってしまうのは絶対に避ける
  2. かかる時間の見積もりを正確にするのは難しいし大抵は見積もり通りにならないため極力手順そのものを省けないかと一考してみる
  3. ただし、例外として不確実性が介在せず確実に1、2分で終わるようなことは先回しでさっさとやってしまう

みたいなところを心がけるべきだと感じている。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

ソフトウェアの設計を学ぶ意義再考

設計に対して前のめりになるために、設計を学ぶとどういういいことがあるのかをまとめてみる。 大きく3つあると思っていて うまく設計をすることで工数を減らせる →コスト削減→営業利益へのインパクト バグを …

no image

AttributeError: type object ‘IOLoop’ has no attribute ‘initialized’の解決

久しぶりにjupyter notebookを打ち込むと AttributeError: type object ‘IOLoop’ has no attribute ‘initialized’ なるエラ …

no image

計量経済/統計/機械学習の違い

大きく、モチベーションと手法に違いがあるように感じている。さしずめ、 計量経済→説明したい 統計→知りたい 機械学習→予測分類したい といったところだろうか。 手法の違いは時間がかかりそうなのでまた後 …

no image

本気を度を図る指標とは

結論、「所属する社会単位にとって意味のある発言・行動の量x質が十分かどうか」だと思う。 今まで自分は仕事に対して本気になれていないような感覚だけがあったし、面談などを通して周囲に口でもそう伝えてきた。 …

python/matplotlibで円を描く

意外と簡単で、sinとcosを対応させてあげるだけ。