LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

帰納と物理法則、演繹と数学的公理

投稿日:

  • 帰納的推論により得られる結論は(統計的に有意であっても)常に仮説であって、真実とは限らない
  • 帰納的に得られた仮説は、その結論を覆す事実(矛盾する事実)が見出されない限り、あるいは演繹的に反証され普遍的法則と矛盾しない限り正しい
  • 公理は仮定であって証明されたものではない
  • ユークリッド幾何学の公理は帰納的に知られた事実ではあるが、証明できるものではない
  • 非ユークリッド幾何学の公理は日常的な経験から得られたものではない
  • 基礎的な物理法則は、数学における公理ではなく、帰納的に得られた法則である

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

python/matplotlibでsin/cosカーブを描く

Numpy使った方が簡単らしいが、mathモジュールで実装した方が直感的だった。 Numpyでの実装も挑戦したい。

p5.jsで球体を3行で描画

p5.jsを使うと、こんな球体がjavascript3行で書けてしまう。 以下、完成したこーど。 function setup() { createCanvas(300,300,WEBGL); sph …

python/matplotlibで複数グラフを描く

6年毎のニューヨークの気温を比較 参考:Pythonからはじめる数学入門

no image

むちゃくちゃ簡単なIS曲線の導出

生産面から見たGDPと支出面からみたGDPは一致するため、 \[Y=C+I+G+NX\] また、政府部門と海外部門が存在しない経済を仮定するため、 \[Y=C+I\] で表現できる。整理して \[I= …

no image

ec2運用のrailsアプリでcronの実行時間がズレる

ec2で運用のrailsアプリでcron使って定期的にプッシュ通知を送りたい。そこで以下のように書いてみる。 schedule = PeriodicNotification.where(status: …