LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

才能という名の地の利

投稿日:

才能とは戦における地の利のようなものだと思う。実際の戦なら誰でも地形的に有利な場所に陣取ることで戦を有利に進めるというのは当たり前だと考えるはず。

なのに、世の中に才能か努力か、みたく二者択一を前提とした議論がたびたび巻き起こるのはなぜだろうか。それは、才能が戦における地形的有利とは違って、目に見えないわかりづらいものだからではないか。

つまり、地の利とは元々地形に存在する有利なわけであるが、才能とは努力によって培われたものなのか、幼少期からの教育や過ごし方という環境の違いによって身についたものなのか、はたまた遺伝的に元々決まっていたものなのか、判断がつきづらく、才能のせいにすると得てして努力が足りないと言われがちな性質があるのではないか。

反面、地の利は目に見えやすい分、地の利を勝敗に勘定したところで誰にも文句を言われづらいのだとも感じる。

ここで再び努力か才能かという議論に立ち戻ってみる。一旦の結論としては、「努力も才能も大事だ」ということになると思う。月並みな結論だとか、反証のない主張は詭弁だとかと言われるかもしれないが、もう少し詳しく見ていきたい。これを戦の話に置き換えて考えてみる。

もちろん、戦況にはよるが一般に地の利は大きなアドバンテージになる。なぜなら、人の力では覆しにくいものだからだ。しかし、一方で全く覆せないかというとそうではないと思う。ここから言えることは、「地の利は覆せないことはないけど、覆すのは結構難しいよ」ってことだと思う。

議論を収束させよう。戦の例に見た通り、才能か努力かという議論に対して僕の立場としては「才能の利は覆せないことはないけど、覆すのは結構難しいよ」ということになる。

これに対する反証を与えるとするなら、「もっぱら自分が25年生きてきて観察してきた2000人弱ぐらいをnとしたサンプルに鑑みるに才能を覆して成功してる人は見たことがない」、言い換えるなら「成功している人は自分の才能を生かして成功してる」という事実を挙げることになると思うのだが、これがサンプルバイアスだと言われるとするならば、まあ確かにそれはそうだと言わざるを得ない気はする。

まあとにかく、ここで言いたいこととしては、「才能というのは人の力で覆しにくい地の利みたいなもので、戦いに勝つ、生き残ることを目的とするならば、常にその人を取り巻く環境も含めて地の利としての才能を生かすことを考えるのが大切だ」ということだ。以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

動機、やる気、慣性、惰性の関係性

モチベーション3.0などと謳われて久しいが、あらためて動機、モチベーション、やる気の関係性や「どうやってやる気を出せばいいのか」「やりたくないけどやらないといけないことに取り組むにはどうすればいいのか …

no image

目的の階層構造と連鎖、常に問うべきは何か

最近、組織の一部として働いていて感じた違和感を言語化したい。 問題提起としては、みんなが課題、課題って言ってる"課題"って本当は課題じゃないんじゃないか?とか、最終目標を達成する上 …

no image

休日に働くことの是非。時間給で働くのはダサい。

やりたいことを仕事にできているという仮定のもとで話を進めるならば、結論、進捗と己の限界次第だと思う。 進捗が悪かったら休日に休憩したり休んだりしたところで本当の意味では休まらない。それは休憩ではなくた …

no image

JavaScript2021年個人的再考

jsについてあらためてインプットし直す機会があったため 気になったことを書き留めておく。 jsのデータ型 変数の型はないが値の型はある プリミティブな値 ビルトインオブジェクト 全てのオブジェクトはO …

no image

[java] 再代入、メソッドコールしたときのメモリ管理の仕組み

プリミティブ型はスタックに実体を持つ 配列、オブジェクトはヒープに実体、スタックに参照を持つ 変数の再代入はスタックのものがスタック内にコピーされる メソッドの引数に渡した場合も再代入と同様に、スタッ …