LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

むちゃくちゃ簡単なIS曲線の導出

投稿日:

生産面から見たGDPと支出面からみたGDPは一致するため、

\[Y=C+I+G+NX\]

また、政府部門と海外部門が存在しない経済を仮定するため、

\[Y=C+I\]

で表現できる。整理して

\[I=Y-C\]

ここで\(Y-C=S\)とすると

\[I=S\]

また、投資\(I\)は利子\(r\)の関数であり、Cを一定と考えると貯蓄\(S\)はGDP\(Y\)の関数であるため

\[I(r)=S(Y)\]

このメカニズムを成立させるためには、利子\(r\)↓→投資\(I(r)\)↑→GDP\(Y\)↑→貯蓄\(S(Y)\)↑が働く必要があり

(利子が下がれば貯蓄が割に合わなくなり投資に資金が回り、投資によりGDPが増えるとその結果として貯蓄\(Y-\overset { \_ \_ }{ C } \)が増える)

したがって、利子\(r\)とGDP\(Y\)の関係式であるIS曲線は右下がりの直線になる

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

python/matplotlibで複数グラフを描く

6年毎のニューヨークの気温を比較 参考:Pythonからはじめる数学入門

no image

目的の階層構造と連鎖、常に問うべきは何か

最近、組織の一部として働いていて感じた違和感を言語化したい。 問題提起としては、みんなが課題、課題って言ってる"課題"って本当は課題じゃないんじゃないか?とか、最終目標を達成する上 …

no image

Uncaught TypeError: Cannot read property ‘keyCode’ of undefinedの解決

p5.jsでお絵かきをしていたところ Uncaught TypeError: Cannot read property ‘keyCode’ of undefined のエラーが発生。 以下、エラーが出 …

no image

改革改善の思考フロー再考

物事をより良くしていくための思考フローとしてパターンがいくつかあるなと感じたので整理しておく。 関心は、「どういう問いから思考をスタートし、どういう流れを経て着地させればよりスムーズに理想目的を実現で …

no image

組織で独自の価値を発揮するには

結論、仮説、工夫、再現性を意識して仕事に臨むことではないか。 どういうことか。 誰にとっても独自なものといえば知識経験があるので、そこから独自の仮説が立つ。 また、趣味嗜好、志向性の違いから独自の工夫 …