LilPacy.info

人はときに、目的のために目的も捨てねばならない。

未分類

むちゃくちゃ簡単なIS曲線の導出

投稿日:

生産面から見たGDPと支出面からみたGDPは一致するため、

\[Y=C+I+G+NX\]

また、政府部門と海外部門が存在しない経済を仮定するため、

\[Y=C+I\]

で表現できる。整理して

\[I=Y-C\]

ここで\(Y-C=S\)とすると

\[I=S\]

また、投資\(I\)は利子\(r\)の関数であり、Cを一定と考えると貯蓄\(S\)はGDP\(Y\)の関数であるため

\[I(r)=S(Y)\]

このメカニズムを成立させるためには、利子\(r\)↓→投資\(I(r)\)↑→GDP\(Y\)↑→貯蓄\(S(Y)\)↑が働く必要があり

(利子が下がれば貯蓄が割に合わなくなり投資に資金が回り、投資によりGDPが増えるとその結果として貯蓄\(Y-\overset { \_ \_ }{ C } \)が増える)

したがって、利子\(r\)とGDP\(Y\)の関係式であるIS曲線は右下がりの直線になる

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ec2運用のrailsアプリでcronの実行時間がズレる

ec2で運用のrailsアプリでcron使って定期的にプッシュ通知を送りたい。そこで以下のように書いてみる。 schedule = PeriodicNotification.where(status: …

no image

python range 浮動小数使えない問題

pythonのrange関数だと0.5刻みでリストを作りたいなど使えない問題がある。 それを解決してくれるのがNumpyのlinspace関数なのだ。 例えば、range(0,11,0.5)みたいに、 …

no image

Uncaught TypeError: Cannot read property ‘keyCode’ of undefinedの解決

p5.jsでお絵かきをしていたところ Uncaught TypeError: Cannot read property ‘keyCode’ of undefined のエラーが発生。 以下、エラーが出 …

python/matplotlibで円を描く

意外と簡単で、sinとcosを対応させてあげるだけ。  

python/matplotlibで複数グラフを描く

6年毎のニューヨークの気温を比較 参考:Pythonからはじめる数学入門