LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

好き嫌いという言葉の曖昧さ ~好き嫌い指数みたいなものを考えてみる~

投稿日:2020年6月23日 更新日:

好き嫌いという言葉が結構曖昧だなと思ったので好き嫌い指数みたいなものを考えて整理してみたい。

  1. 好き嫌い不明瞭、基本的に何にも興味がないタイプ

  2. 好き嫌い不明瞭、基本的になんでも好きなタイプ

  3. 好き嫌い明瞭、好き嫌いの差が激しいタイプ

  4. 好き嫌い明瞭、特定のものだけが好きなタイプ

  5. 好き嫌い明瞭、特定のものだけが嫌いなタイプ

何が問題かというと、絶対と相対が入り乱れているということだ。

1の何にも興味がないタイプの人が「xが好き」といった場合には、「(基本的に何も興味ないけど強いていうならxが相対的に)好き」に読み替える必要があり、

3のタイプの人が「xが好き」といった場合には「xが(誰にも負けないぐらいマジで絶対的に)好き」に読み替える必要があるなど、

どのタイプの人が「好き」あるいは「嫌い」と発言したかによって、再解釈を行う必要があるのだと感じる。

また、バイタリティ高いなと感じる人は全体的に好き度が高い人だと思うし

好き嫌いが明瞭かつ、特定のものに偏ってる人は若くして専門性を身につけてることが多い気がする。

ちなみに、得意不得意という言葉にも同じことが言えそうだと思っていて、

そう考えると全ての「基準に対していい/悪いの評価を与える言葉」に同じことが言えるのではないかとも思った。

言葉って難しい。以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

ローン/リボ払い/返済シュミレータ/Ruby

ローン、リボ払いのシミュレータをrubyで作ってみた コメントで補足もつけているためコードを参照されたし。

no image

むちゃくちゃ簡単なIS曲線の導出

生産面から見たGDPと支出面からみたGDPは一致するため、 \[Y=C+I+G+NX\] また、政府部門と海外部門が存在しない経済を仮定するため、 \[Y=C+I\] で表現できる。整理して \[I= …

no image

組織で独自の価値を発揮するには

結論、仮説、工夫、再現性を意識して仕事に臨むことではないか。 どういうことか。 誰にとっても独自なものといえば知識経験があるので、そこから独自の仮説が立つ。 また、趣味嗜好、志向性の違いから独自の工夫 …

no image

python range 浮動小数使えない問題

pythonのrange関数だと0.5刻みでリストを作りたいなど使えない問題がある。 それを解決してくれるのがNumpyのlinspace関数なのだ。 例えば、range(0,11,0.5)みたいに、 …

才能という名の地の利

才能とは戦における地の利のようなものだと思う。実際の戦なら誰でも地形的に有利な場所に陣取ることで戦を有利に進めるというのは当たり前だと考えるはず。 なのに、世の中に才能か努力か、みたく二者択一を前提と …