LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

休日に働くことの是非。時間給で働くのはダサい。

投稿日:2020年7月6日 更新日:

やりたいことを仕事にできているという仮定のもとで話を進めるならば、結論、進捗と己の限界次第だと思う。

進捗が悪かったら休日に休憩したり休んだりしたところで本当の意味では休まらない。それは休憩ではなくただの現実逃避だ。

だから、目標と現状の間にギャップがあるなら休日だろうがやる。逆に、進捗に問題がないなら、平日であろうが休めばいいと思う。

もちろん、体の限界と相談する必要はある。本当に限界が来てるなら休む必要がある。その場合は心身の改善のために必要な現実逃避だ。

というのが僕の考えなのだけれど、前提としてあるのは「時間給で働くのはダサい」って考え方だと思う。

時間給で働いてる以上、それは会社に依存してるってことだ。

そもそも会社員なのだから会社に依存して当たり前だと言われるかもしれないけど、僕は学生時代から個人事業などで純粋に売上で生活していたのでそこらへんの考え方は少し変わっているのかもしれない。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

本気を度を図る指標とは

結論、「所属する社会単位にとって意味のある発言・行動の量x質が十分かどうか」だと思う。 今まで自分は仕事に対して本気になれていないような感覚だけがあったし、面談などを通して周囲に口でもそう伝えてきた。 …

no image

世界は未開で、言葉は道で

私的公理(自分が前提としている考え) 世界は抽象に先立って存在する 全ては場合による 物理法則の発見も有意水準0.03%とかで有意とされたもの 例外を許容している 何1つとして同じものは存在しない 抽 …

no image

目的の階層構造と連鎖、常に問うべきは何か

最近、組織の一部として働いていて感じた違和感を言語化したい。 問題提起としては、みんなが課題、課題って言ってる"課題"って本当は課題じゃないんじゃないか?とか、最終目標を達成する上 …

no image

pdf/mobiをkindleに送信

概論 結論、メールにpdfを添付して端末に送るという流れになる。 詳細 以下のリンクよりコンテンツ、端末管理画面にいける。 kindleコンテンツ、端末の管理画面 まず3つあるタブのうち右端の設定タブ …

python/matplotlibで複数グラフを描く

6年毎のニューヨークの気温を比較 参考:Pythonからはじめる数学入門