LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

組織で独自の価値を発揮するには

投稿日:2020年7月6日 更新日:

結論、仮説、工夫、再現性を意識して仕事に臨むことではないか。

どういうことか。

誰にとっても独自なものといえば知識経験があるので、そこから独自の仮説が立つ。

また、趣味嗜好、志向性の違いから独自の工夫(戦略方針指針対策)が生まれる。

それらを再現性のある体系、かたち、やり方へと落とし込むことで組織内の他の人も再現することができるようになり、組織が強くなる。

この、組織へ自身のオリジナリティを還元する、というやり方が、自分自身が結果を出して一時的に組織へと利益をもたらす以上の価値になるのだと感じる。

と、日本一給与が高くバケモノじみた利益を上げる企業キーエンスの、成果だけではなく過程におけるその人独自の工夫、その人ならではの価値を重んじるという企業文化を読んで思った。

ビジネスケース『キーエンス~驚異的な業績を生み続ける経営哲学』より引用。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

休日に働くことの是非。時間給で働くのはダサい。

やりたいことを仕事にできているという仮定のもとで話を進めるならば、結論、進捗と己の限界次第だと思う。 進捗が悪かったら休日に休憩したり休んだりしたところで本当の意味では休まらない。それは休憩ではなくた …

no image

高橋留美子『うる星やつら【完結編】』を鑑賞して

 昭和ラブコメアニメの金字塔 1988年公開のうる星やつら【完結編】を視聴して。 生粋の平成生まれなのだが、最近うる星やつらにはまっていて、【完結編】まで見終わったので所感を書き残すこととしたい。 …

no image

[java] 再代入、メソッドコールしたときのメモリ管理の仕組み

プリミティブ型はスタックに実体を持つ 配列、オブジェクトはヒープに実体、スタックに参照を持つ 変数の再代入はスタックのものがスタック内にコピーされる メソッドの引数に渡した場合も再代入と同様に、スタッ …

no image

帰納と物理法則、演繹と数学的公理

帰納的推論により得られる結論は(統計的に有意であっても)常に仮説であって、真実とは限らない 帰納的に得られた仮説は、その結論を覆す事実(矛盾する事実)が見出されない限り、あるいは演繹的に反証され普遍的 …

no image

本気を度を図る指標とは

結論、「所属する社会単位にとって意味のある発言・行動の量x質が十分かどうか」だと思う。 今まで自分は仕事に対して本気になれていないような感覚だけがあったし、面談などを通して周囲に口でもそう伝えてきた。 …