LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

組織で独自の価値を発揮するには

投稿日:2020年7月6日 更新日:

結論、仮説、工夫、再現性を意識して仕事に臨むことではないか。

どういうことか。

誰にとっても独自なものといえば知識経験があるので、そこから独自の仮説が立つ。

また、趣味嗜好、志向性の違いから独自の工夫(戦略方針指針対策)が生まれる。

それらを再現性のある体系、かたち、やり方へと落とし込むことで組織内の他の人も再現することができるようになり、組織が強くなる。

この、組織へ自身のオリジナリティを還元する、というやり方が、自分自身が結果を出して一時的に組織へと利益をもたらす以上の価値になるのだと感じる。

と、日本一給与が高くバケモノじみた利益を上げる企業キーエンスの、成果だけではなく過程におけるその人独自の工夫、その人ならではの価値を重んじるという企業文化を読んで思った。

ビジネスケース『キーエンス~驚異的な業績を生み続ける経営哲学』より引用。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

AIに代替されない仕事とは

今のところ、 毎回入力変数が変わる、変数が観測できない 毎回使うアルゴリズムが変わる (つまり法則性がない・弱い) 毎回正解が変わる、成功を測れない 以上のような仕事、とどのつまり、個別・特別なケース …

no image

むちゃくちゃ簡単なIS曲線の導出

生産面から見たGDPと支出面からみたGDPは一致するため、 \[Y=C+I+G+NX\] また、政府部門と海外部門が存在しない経済を仮定するため、 \[Y=C+I\] で表現できる。整理して \[I= …

no image

計量経済/統計/機械学習の違い

大きく、モチベーションと手法に違いがあるように感じている。さしずめ、 計量経済→説明したい 統計→知りたい 機械学習→予測分類したい といったところだろうか。 手法の違いは時間がかかりそうなのでまた後 …

no image

好き嫌いという言葉の曖昧さ ~好き嫌い指数みたいなものを考えてみる~

好き嫌いという言葉が結構曖昧だなと思ったので好き嫌い指数みたいなものを考えて整理してみたい。 好き嫌い不明瞭、基本的に何にも興味がないタイプ 好き嫌い不明瞭、基本的になんでも好きなタイプ 好き嫌い明瞭 …

no image

[java] 再代入、メソッドコールしたときのメモリ管理の仕組み

プリミティブ型はスタックに実体を持つ 配列、オブジェクトはヒープに実体、スタックに参照を持つ 変数の再代入はスタックのものがスタック内にコピーされる メソッドの引数に渡した場合も再代入と同様に、スタッ …