LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

ソフトウェアの設計を学ぶ意義再考

投稿日:

設計に対して前のめりになるために、設計を学ぶとどういういいことがあるのかをまとめてみる。

大きく3つあると思っていて

  1. うまく設計をすることで工数を減らせる
    →コスト削減→営業利益へのインパクト
  2. バグを出しにくくなる
    →コストと売上両方へのインパクト→営業利益へのインパクト
  3. 設計次第で機能面のパフォーマンスを上げられる
    →売上へのインパクト→営業利益へのインパクト

(前提として、機能が売上を作ると想定している)

いづれも営業利益へのインパクトがあるのではないかと考えられる。

ということは、エンジニアとしては設計の勉強へ投資をすることで事業貢献できるエンジニアになることができるわけだけれど、

じゃあ、そこへどのくらいの投資をすればいいのかというと結構難しい。何かをやるということは他の何かをやらないということだからだ。

となってるくるとあとは杓子定規に語るのではなく、ケースバイケースで自分が目指すもの、やりたいこと、置かれた状況を鑑みてどの程度設計へ投資をするのか判断していくのがいいのではないだろうか。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

AttributeError: type object ‘IOLoop’ has no attribute ‘initialized’の解決

久しぶりにjupyter notebookを打ち込むと AttributeError: type object ‘IOLoop’ has no attribute ‘initialized’ なるエラ …

python/matplotlibでsin/cosカーブを描く

Numpy使った方が簡単らしいが、mathモジュールで実装した方が直感的だった。 Numpyでの実装も挑戦したい。

python/matplotlibで複数グラフを描く

6年毎のニューヨークの気温を比較 参考:Pythonからはじめる数学入門

no image

世界は未開で、言葉は道で

私的公理(自分が前提としている考え) 世界は抽象に先立って存在する 全ては場合による 物理法則の発見も有意水準0.03%とかで有意とされたもの 例外を許容している 何1つとして同じものは存在しない 抽 …

p5.jsで球体を3行で描画

p5.jsを使うと、こんな球体がjavascript3行で書けてしまう。 以下、完成したこーど。 function setup() { createCanvas(300,300,WEBGL); sph …