LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

ソフトウェアの設計を学ぶ意義再考

投稿日:

設計に対して前のめりになるために、設計を学ぶとどういういいことがあるのかをまとめてみる。

大きく3つあると思っていて

  1. うまく設計をすることで工数を減らせる
    →コスト削減→営業利益へのインパクト
  2. バグを出しにくくなる
    →コストと売上両方へのインパクト→営業利益へのインパクト
  3. 設計次第で機能面のパフォーマンスを上げられる
    →売上へのインパクト→営業利益へのインパクト

(前提として、機能が売上を作ると想定している)

いづれも営業利益へのインパクトがあるのではないかと考えられる。

ということは、エンジニアとしては設計の勉強へ投資をすることで事業貢献できるエンジニアになることができるわけだけれど、

じゃあ、そこへどのくらいの投資をすればいいのかというと結構難しい。何かをやるということは他の何かをやらないということだからだ。

となってるくるとあとは杓子定規に語るのではなく、ケースバイケースで自分が目指すもの、やりたいこと、置かれた状況を鑑みてどの程度設計へ投資をするのか判断していくのがいいのではないだろうか。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

ローン/リボ払い/返済シュミレータ/Ruby

ローン、リボ払いのシミュレータをrubyで作ってみた コメントで補足もつけているためコードを参照されたし。

no image

AI時代に心配なこと

自分のことを棚に上げて、さらに座席の下にも仕舞った上でものを言わせていただくと、AIってかなり勉強した人じゃないと何やってるかわからないじゃないかと思う。 そこで出てくるのが、親とか学校教師とか、AI …

python/matplotlibで円を描く

意外と簡単で、sinとcosを対応させてあげるだけ。  

python/matplotlibで棒グラフを描く

該当週の歩数を棒グラフで描画 参考:Pythonからはじめる数学入門

no image

どの順番でどの崖から飛び降りるか

よく「崖の上から飛び降りながら飛行機を組み立てろ」という言説がある。 調べてみると、これはLinkedin創業者 リード・ホフマンの名言らしい。 これは準備をしてから始めること、この例でいうなら飛行機 …