LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

ソフトウェアの設計を学ぶ意義再考

投稿日:

設計に対して前のめりになるために、設計を学ぶとどういういいことがあるのかをまとめてみる。

大きく3つあると思っていて

  1. うまく設計をすることで工数を減らせる
    →コスト削減→営業利益へのインパクト
  2. バグを出しにくくなる
    →コストと売上両方へのインパクト→営業利益へのインパクト
  3. 設計次第で機能面のパフォーマンスを上げられる
    →売上へのインパクト→営業利益へのインパクト

(前提として、機能が売上を作ると想定している)

いづれも営業利益へのインパクトがあるのではないかと考えられる。

ということは、エンジニアとしては設計の勉強へ投資をすることで事業貢献できるエンジニアになることができるわけだけれど、

じゃあ、そこへどのくらいの投資をすればいいのかというと結構難しい。何かをやるということは他の何かをやらないということだからだ。

となってるくるとあとは杓子定規に語るのではなく、ケースバイケースで自分が目指すもの、やりたいこと、置かれた状況を鑑みてどの程度設計へ投資をするのか判断していくのがいいのではないだろうか。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

AI時代に心配なこと

自分のことを棚に上げて、さらに座席の下にも仕舞った上でものを言わせていただくと、AIってかなり勉強した人じゃないと何やってるかわからないじゃないかと思う。 そこで出てくるのが、親とか学校教師とか、AI …

no image

目的の階層構造と連鎖、常に問うべきは何か

最近、組織の一部として働いていて感じた違和感を言語化したい。 問題提起としては、みんなが課題、課題って言ってる"課題"って本当は課題じゃないんじゃないか?とか、最終目標を達成する上 …

no image

休日に働くことの是非。時間給で働くのはダサい。

やりたいことを仕事にできているという仮定のもとで話を進めるならば、結論、進捗と己の限界次第だと思う。 進捗が悪かったら休日に休憩したり休んだりしたところで本当の意味では休まらない。それは休憩ではなくた …

p5.jsで球体を3行で描画

p5.jsを使うと、こんな球体がjavascript3行で書けてしまう。 以下、完成したこーど。 function setup() { createCanvas(300,300,WEBGL); sph …

no image

世界は未開で、言葉は道で

私的公理(自分が前提としている考え) 世界は抽象に先立って存在する 全ては場合による 物理法則の発見も有意水準0.03%とかで有意とされたもの 例外を許容している 何1つとして同じものは存在しない 抽 …