LilPacy.info

快楽な不幸を捨て苦痛まみれの幸福を求める男の物語

未分類

改革改善の思考フロー再考

投稿日:2020年7月1日 更新日:

物事をより良くしていくための思考フローとしてパターンがいくつかあるなと感じたので整理しておく。

関心は、「どういう問いから思考をスタートし、どういう流れを経て着地させればよりスムーズに理想目的を実現できるか」ということだ。

ゴールの存在を前提とした考え方

何が問題かから考える

ここから思考をスタートする場合は、前提となっている価値観(理想目的)が妥当かどうかの検討から始める。

問題が出てこない場合は、時系列で起こったこと、その時に感じたことを洗い出してみると特定しやすい。

uml diagram

何を変えるのかから考える

改善策、施策からスタートする場合も理想目的との齟齬がないかを確認してから実行に移す。

結構ジャストアイデアで施策/対策が思いつくことがあるので洗い出すというより、急に着想するという方が適切かもしれない。

ただ、実行に移す前に比較検討を一瞬でもいいから入れることで徒労を減らすことができそうな気がする。

uml diagram

究極目的から考える

0ベースで理想や目的を考えても上手くいかない場合は前段に、「今現実にあるもので自分の理想に最も近いものは何か」という問いへの答えを出してから考えると上手く行きやすい。

他に比べるとスムーズには行きづらいがとっても大事な考え方だと思っている。

uml diagram

施策の比較検討の手順

どういった基準で比較するのか、よく使う考え方を整理

  • 変えることで差分があるか?
  • それは意味のある差分か?
  • 効果は十分か?
  • 見積もり→手持ちの資源で実行可能か?
  • 同じベクトルで他にもっといい方法はないのか?

施策によって方向性が目的と異なっていたり、不十分だったりしないか、つまりベクトル(向きと大きさ)が妥当かどうかを確かめる。

また、コスト的に不可能かもしれないので、概算で見積もる。

差分があるとしても、自分にとって意味のある差分ではないかもしれないので、そこもきちんと確認を入れる。

施策が十分かどうかの確かめ方

現在を延長してみる。理想目的に達することが出来なさそうであればやり方を変える。

uml diagram

ゴールの存在を前提としない考え方

知的好奇心に従う

改革改善されるのかも未知。こればかりになると道を逸れることが多くなりそうだけれど、自分の関心のありかを知り、ただそれに従うということもときには大事だと思う。

uml diagram

おわりに

ここまで物事をよりよくしていくための思考フローについて深掘ってきた。次は理想の着想、深掘りというところについてまとめてみたい。

他にも原因分析の部分など、深掘りできそうなところはあるので随時やっていきたい。

自分で書いておいてなんだというか、曖昧なのだけれど、たぶんやりたいこととしては、普段やっていることを体系化しておいて再現性とスピードを担保したい、といったところなのだと思う。

あと余談なのだけど、改善って英語になってるらしい。OGPの画像もKAIZEN INSTITUTEってところから引用させていただいた。

以上。

-未分類

執筆者:


comment

関連記事

no image

目的の階層構造と連鎖、常に問うべきは何か

最近、組織の一部として働いていて感じた違和感を言語化したい。 問題提起としては、みんなが課題、課題って言ってる"課題"って本当は課題じゃないんじゃないか?とか、最終目標を達成する上 …

no image

graphvizがインポートできない

anaconda経由でgraphvizをインストール。 conda install graphviz 意気揚々と import graphviz をしてみるも、 ModuleNotFoundError …

no image

本気を度を図る指標とは

結論、「所属する社会単位にとって意味のある発言・行動の量x質が十分かどうか」だと思う。 今まで自分は仕事に対して本気になれていないような感覚だけがあったし、面談などを通して周囲に口でもそう伝えてきた。 …

no image

組織で独自の価値を発揮するには

結論、仮説、工夫、再現性を意識して仕事に臨むことではないか。 どういうことか。 誰にとっても独自なものといえば知識経験があるので、そこから独自の仮説が立つ。 また、趣味嗜好、志向性の違いから独自の工夫 …

no image

AIに代替されない仕事とは

今のところ、 毎回入力変数が変わる、変数が観測できない 毎回使うアルゴリズムが変わる (つまり法則性がない・弱い) 毎回正解が変わる、成功を測れない 以上のような仕事、とどのつまり、個別・特別なケース …